【炭酸飲料好きな私に大悲報……】ソフトドリンクがタバコ並みに身体へ害悪な件

もくじ
・砂糖入りドリンクがタバコと同じレベルで遺伝子を傷つける
・ソフトドリンクで身体を壊す最低ラインは?
・ソフトドリンクを飲んでも気分は改善しない?
・じゃあ何飲めばいいの?

■砂糖入りドリンクがタバコと同レベルで遺伝子を傷つける
 カルフォルニア大学が5300人のアメリカ人を調査した観察研究によると、日常的にソフトドリンクを飲んでいる人は「テロメア」の長さが短い傾向にあったという。テロメアの長短は糖尿病や癌との相関があり、悪影響度はタバコに匹敵するほど深刻のようだ。

■ソフトドリンクで身体を壊す最低ラインは?
 では、1日でどれくらいソフトドリンクを飲むとヤバいのか? これを調べたのがカロリンスカ研究所で、2800人の男女を対象にソフトドリンクの摂取量と健康被害を調査。その結果『1日に400ml摂取で糖尿病の発生率が2.4倍』『一日に1000ml摂取で糖尿病の発生率が10.5倍』という驚きの結果が浮かび上がった。

■ソフトドリンクを飲んでも気分は改善しない?
 さらに「糖分を取ったら気分が改善するのか?」という問題を調べてくれたのがワーウィック大学。過去の31件の文献データから「疲労は回復するか?」「集中力はアップするか?」「ネガティブな気分は改善するか?」を調べてくれたメタ分析になってます。
 その結果「いくら砂糖を摂取しても気分は改善しない」「砂糖を摂取してから60分後に多くの人が集中力低下を招く」「砂糖の摂取から30分後に疲労感の増加が見られた」と散々な結果に。

■じゃあ何飲めばいいの?
 やはりお水が間違いないところですが、近年ではお茶(特に緑茶)が科学者の中では熱いらしい。脳力アップやダイエット・アンチエイジング効果など様々な効果が確認されて、コーヒーに次ぐ最強の飲料なのでは?という話だ。
 それと研究中につき、まだ科学的お墨付きとまでは言えないが、オレンジジュースも頭の良さに一役買ってくれそうな結果が出ている。レティング大学が脳に異常のない男性24名を対象に、一日240mlのオレンジジュースを飲ませてから認知テストを行ったところ、脳の実行機能(複雑な思考や行動を扱う部位)が向上し、事務処理のスピードや正確さがハッキリと上がったようだ。
 この効果はオレンジジュースを飲んでからすぐに現れ、以後6時間続いたそうなので、勉強や事務仕事の前にオレンジジュースを少し飲むのは有りかもしれない。

出典:パレオな男
『飲むと頭が良くなる2つのフルーツジュース、それはチェリーとオレンジ』『歳をとって記憶力が下がるのをふせぐジュースが見つかった?かもしれない件』『脳力アップ?長生き?髪も生える?「緑茶」がもたらす10の凄い(かもな)メリット』